FC2ブログ

がんばれ,トラエモン!

ドラえもんとはちょっと違った面白いマンガです。是非見て下さい。

がんばれ,トラエモン!

第62話  一進一退!!


~前回のあらすじ~

「太陽龍」に続いて「天空龍」を召喚したカイト。天空龍の雷攻撃で,反撃開始!!





カイト:超電動波ーライトニングサンダー!!


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


再び巨大な光線が,天空龍の口から発射された。


孫悟空:はっ!!同じ手がこの俺に通用するかよ!!


すると孫悟空の前に,巨大な皿が一個出現した。


孫悟空:プレート・ガード(皿の防御)!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアン!!


天空龍の攻撃が,皿によって防御された。


トラエモン:くそ,また沙悟浄が使ってた技か!!


孫悟空:ちっ,本当はあいつの技なんざ使いたくなかったがな。


カイト:(さすがに簡単には勝たせてくれないようね・・・。)


孫悟空:ようし。ならば今度はこいつの技を使わせてもらうぜ。


すると,孫悟空の背中に翼が生えた。


孫悟空:属性変化ー風!!


カイト:オーシャン仮面が使ってた技ね。返り討ちにしてあげるわ!!


孫悟空:はっはっは!!果たしてできるかな?


孫悟空は翼を使い,天空龍に向かって舞い上がった。


カイト:超電動波ーライトニングサンダー!!


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


再び天空龍の攻撃が炸裂したが,孫悟空は右にさっとよけた。


ミッフィー:ああっ!?かわされちゃった!!


トラエモン:あの翼のせいで,孫悟空のスピードが上がってやがるんだ・・・!!


孫悟空:危ねえ危ねえ。さあて。今度はこっちの番だ。


孫悟空の翼が,赤く輝きだした。


カイト:(あの技は・・・!)


孫悟空:ゴッドバード・アタック!!


ズバッ!!


孫悟空の翼が,天空龍の体を切り裂いた。


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・!!


カイト:ガハッ・・・!!


孫悟空:まだまだぁ!!属性変化ー水!!


属性変化により,孫悟空の翼が消え,代わりに腕が鉄砲のような形になった。


孫悟空:オーシャン・ビーム!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアン!!


大量の水が,天空龍の体に直撃した。


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・!!


カイト:グッ・・・!!


孫悟空:どうだ!!仲間の技で痛めつけられる気分はよぉ!!


カイト:フ・・・だけどこのままやられる私じゃないわ・・・!!


すると天空龍のシッポが,孫悟空の体をつかんだ。


孫悟空:なに!?くそ・・・放しやがれ・・・!!


カイト:至近距離ライトニング・サンダー!!


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアン!!


天空龍の電流攻撃が,孫悟空の体にもろに直撃した。


孫悟空:ごはっ・・・!!


孫悟空は,床にドサッと倒れた。


孫悟空:くそ・・・やりやがったな・・・!!


トラエモン(まさに一進一退の攻防。この戦い,どちらが勝ってもおかしくない・・・!!)


次回,孫悟空が卑怯な技を使い,カイトを追い詰める!!第63話に続く!!


がんばれ,トラエモン!

第61話  天空龍,召喚!!


~前回のあらすじ~

次々と「まねまねの実」でコピーした技で攻撃する孫悟空。しかも,ブリブリ左右衛門の技までコピーしていた。そして,ついにカイトの太陽龍が先頭不能になる・・・!!





孫悟空:クックックックック。まずは1匹,太陽龍を撃破・・・!!


カイトが召喚した太陽龍の体が,消滅した。


ミッフィー:く,あんな強そうな太陽龍が,こうもあっさり・・・。


トラエモン:つーか孫悟空の野郎,なんでブリブリ左右衛門の技を使えたんだ!?アイツはブリブリ左右衛門が使う技なんて知らないはずだろ!?


孫悟空:俺は貴様らが猪八戒・沙悟浄と戦っている姿を監視カメラから除いていた。よって貴様らが使った技は全て把握している!!


トラエモン:(と,盗撮・・・!!)


カイト:でも「まねまねの実」は触れたことのある相手しか,能力をコピーできないはず・・・!!


孫悟空:「以前」はな。だが今の俺は目で見ただけで,そいつの能力をコピーできる。言ったろ?俺は生まれ変わったのさ!!


トラエモン:そういうことか。なら当然,オーシャン仮面の能力もコピーされているはず・・・。


ミッフィー:でも,カイトちゃんはこれからどうすればいいの!?もう太陽龍もやられたよ!?


カイト:心配は無用よ,ミッフィーちゃん。まだ手は残っているわ。


ミッフィー:え・・・?


カイト:私が召喚できる龍は「太陽龍」だけじゃない。あと2体,召喚することができるのよ。


するとカイトの体から,再び白い塊が出現した。そしてその塊が,龍の形へと変化していった。


カイト:天空龍ースカイ・ドラゴン召喚!!


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


竜巻を身にまとった天空龍が,孫悟空の前に姿を現した。


トラエモン:す,すげえな。まさか他に召喚できる龍がいたとは・・・。


孫悟空:2体目の龍,天空龍か・・・!!


孫悟空は,ブリブリ左右衛門の刀(まねまねの実でコピーしたもの)を握りしめた。


孫悟空:太陽龍同様,すぐに消し去ってやるぜ!!


すると孫悟空の腕と刀が,2本,3本と増え,ついに10本となった。


ミッフィー:あ,またあの技が来る!!


孫悟空:
左右衛門流究極奥義ー阿修羅!!


孫悟空は10本の刀を構え,天空龍に向かってジャンプした。


カイト:
天空龍,かわして!!


天空龍は,さっと右に移動し,孫悟空の攻撃をかわした。


孫悟空:
ほう。さすがは天空龍と呼ばれるだけのことはあるな!!


カイト:お喋りをしている暇はあるのかしら?今度はこっちの番よ!!


天空龍の目がギラリと光った。


天空龍:
超電動波ーライトニングサンダー!!


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


巨大な光線が,天空龍の口から発射された。


孫悟空:うおっ・・・!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアン!!


ミッフィー:おお!!さっきの太陽龍と同じくらい威力が凄い!!


トラエモン:だが,この程度の攻撃じゃ,アイツは死なない・・・!!


孫悟空は,床に着地した。


孫悟空:ハッハッハ!!何度言ったら分かる!!無駄だと・・・。


その時,孫悟空の体に変化が起きた。


孫悟空:(ぐあっ!?なんだこの体全体に走る痛みは・・・!?)


カイト:フッフッフ。予想通り効いているようね。


孫悟空:き,貴様,一体俺の体に何をした!?


カイト:さっきの天空龍の攻撃には電流が含まれていたのよ。あなたの体は熱には強いようだけど,どうやら電流に対しては普通の人間と大差ないようね。


孫悟空:電流か。せこい真似しやがって・・・!!


カイト:弱点が分かったらコッチのものよ。さあ,
ここから反撃させてもらうわ!!


次回,カイトの逆襲が始まるのか!?第62話に続く!!


がんばれ,トラエモン!

第60話  コピーする者,される者


~前回のあらすじ~

「まねまねの実」の力で,猪八戒の技を使い,カイトの「太陽龍」を
攻撃した孫悟空。そしてそのダメージは,召喚したカイトと共有してしまう・・・!!





孫悟空:さあて。さっきは猪八戒の技を使わせてもらったから,今度は「アイツ」の技を使うことにするぜ・・・!!


すると孫悟空の前に,巨大な皿が10個出現した。


ミッフィー:あ,あれはオーシャン仮面と戦った沙悟浄が使ってた技だ!!


カイト:く・・・!!


孫悟空:プレート・スロー(皿の投射)×10!!


10枚の皿が,太陽龍に向かって飛んできた。


カイト:太陽龍,かわして!!


しかし皿の速度はかなり速く,10枚の皿が太陽龍の体に次々と襲いかかった。


太陽龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・!!


カイト:痛っ・・・!!


同時に,カイトの体にも激痛が走った。


孫悟空:どうした!以前と比べてスピードが落ちたんじゃねえのかぁ!?


ミッフィー:カイトちゃん!!そんな変な能力の奴に負けちゃ駄目だよ!!


トラエモン:いや,確かに能力は変だが,今までの敵の中で一番厄介だぞ・・・!!


ミッフィー:え,どういうこと!?


トラエモン:通常「悪魔の実」を食べられるのは1個までだが,「まねまねの実」で他の「悪魔の実」の能力をコピーすることで,様々な能力を使うことができる!!


孫悟空
:そういうことだ。つまり俺は,悪魔の実を何個も食べた時と同じような能力を得ることができるのさ!!


カイト:それがどうしたってのよ!!太陽龍の攻撃!!


太陽龍が,天井に向かって舞い上がった。


カイト:灼熱のクリムゾン・パワーフォース!!


太陽龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


太陽龍の体から,何発もの炎が発射された。


トラエモン:さっきと同じ技じゃ,孫悟空には効かないぞ・・・!!


ミッフィー:違うよ!!さっきは「灼熱のクリムゾン・ヘルフレア」だったけど,今度は「灼熱のクリムゾン・パワーフォース」だよ!!それに,威力もこっちの方が強い!!


トラエモン:ああそう・・・よく覚えてんなお前・・・。


ドガアアアアアアアアアアアアアアアン!!


太陽龍の攻撃が,孫悟空の体に直撃した。


カイト:(今度こそ・・・!!)


孫悟空:アッハッハッハッハッハッハ!!無駄だと言っただろーが!!


孫悟空は,全くの無傷だった。


孫悟空:俺はな,最高で1億度の炎に耐えられるように体を鍛えた。太陽龍の炎なんざ,蝋燭の炎程度にしか感じねえんだよ!!


トラエモン:(どんな鍛え方したらそんな体になるんだよ・・・もはや人間じゃねえだろ・・・。)


カイト:く・・・そんな・・・!!


孫悟空:さて。今度はコイツの技を使うとするか!!


カイト:(猪八戒・沙悟浄の他に,まだあるの・・・!?)


すると,孫悟空の目の前に,1本の刀が出現した。


トラエモン:あ,あの刀って,ブリブリ左右衛門が使ってた刀と同じじゃねーか!!


ミッフィー:ええ!?ブリブリ左右衛門の能力までコピーしてるの!?


さらに孫悟空の腕が,2本,3本と増え,ついに10本となった。


トラエモン:あれは,ブリブリ左右衛門が猪八戒戦で最後に見せた・・・!!


孫悟空は10本の刀を構えると,太陽龍に向かって高々とジャンプした。


孫悟空:左右衛門流究極奥義ー阿修羅!!


ズババババババババババッ!!


10本の刀が,太陽龍の体を貫いた。


太陽龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・!!


カイト:ガハッ・・・!!


ドサッと,太陽龍が床に倒れた。そして太陽龍が二度と起き上がることはなかった。


太陽龍→戦闘不能。


ミッフィー:そんな!!太陽龍が・・・!!


孫悟空:クックックックック。まずは一匹・・・!!


大ピンチ!!果たして「まねまねの実」の力を打ち破ることができるのか!?第61話に続く!!


がんばれ,トラエモン!

第59話  マネマネの実!?


~前回のあらすじ~

孫悟空と戦うことになったカイト。カイトは「ドラゴンの実」の能力を使い,龍を召喚した。そして龍で孫悟空を攻撃したが,孫悟空には全く効いていなかった!!


 


孫悟空:甘いなカイト。この程度の炎じゃ俺を殺すことはできねえよ!!


龍の猛攻撃を受けた孫悟空だったが,何も無かったように平然と立っていた。


ミッフィー:ど,どういうことー!?あんな凄い攻撃が効かないなんて!!


トラエモン:ハッ。どうせ「悪魔の実」の能力でも使ったに決まってるだろ!!


孫悟空:悪魔の実だぁ?あんな攻撃,悪魔の実の力を使うまでもねえ。


ミッフィー:ええ!?じゃあ素で効かなかったってこと!?


カイト:私がいなくなってから,相当強くなったみたいね・・・。


孫悟空:当たり前だ。俺はこの数年間,毎日体を鍛え続けてきた。カイト,お前を倒す為になぁ・・・!!


トラエモン:(どうやらこの2人の間に何かあったみたいだな。)


カイト:フッ。私がまだ三蔵法師の手下だった頃,あなたが私に勝ったことなんてあったかしら?


孫悟空:あの時の俺とは違う。見せてやるぜ,俺の力を・・・!!


ミッフィー:あの人も悪魔の実を食べたんでしょ?一体どんな能力かな!?


トラエモン:そりゃお前,孫悟空は三蔵法師の一番弟子なんだろ?「死神の実」とか,「破壊と再生の実」とか,かなり凄いのだろうぜ・・・!!


孫悟空:俺が食べた悪魔の実は「マネマネの実」だ。


ミッフィー:(ええー・・・。)


トラエモン:(い,今までの中で一番ダサイ・・・。)


孫悟空:な,なんだその顔は!!仕方ねえだろーが!!悪魔の実ってのは食べるまで何の実か分からないんだからよ!!


ミッフィー:あ,そうなの!?じゃあ運が悪かったんだ・・・。


孫悟空:だが俺と違って,カイトが食べたのは「ドラゴンの実」。悪魔の実の中でも最上級の実だ。力の差が出るのは当たり前だな。


カイト:フッ。私に1度も勝てなかったのを,悪魔の実のせいにする気?


孫悟空:な,なに!?じゃあもし俺達が食べた実が逆だったらどうだ!?お前俺に勝てたか!?絶対に無理だろ!!


トラエモン:(なんでこんなに必死なんだ!?ある意味今までの敵の中で一番面白いぞ!!)


孫悟空:そしてこの差を埋める為,俺は必死で努力をした。今のお前じゃ,この俺を倒すことはできないことを,今から証明してやらぁ!!


すると,孫悟空の腕がぐーんと伸びた。


トラエモン:え!?あの技は猪八戒が使ってた技じゃ・・・!?


孫悟空:ゴムゴムのぉ・・・バズーカァ!!


孫悟空の拳が,カイトが召喚した「太陽龍」に直撃した。



ドガアアアアアアアアアアアアアアアン!!


太陽龍は吹き飛ばされ,壁に激突した。


太陽龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・!!


トラエモン:マネマネの実の力で,猪八戒の技をコピーしたのか!!


カイト:げほッ・・・!!


太陽龍が攻撃を受けたと同時に,カイトにも異変が起きていた。


ミッフィー:あれ!?どうしたのカイトちゃん!?


孫悟空:その龍はカイトの魂を具現化したものだ。その龍がダメージを受けたら,召喚した本人もダメージを受けて当然だよなぁ・・・!!


ミッフィー:じゃあさっき龍が受けたダメージと同じだけ,カイトちゃんにもダメージが!?


トラエモン:それだけじゃねえ。アイツの攻撃は猪八戒の技をコピーしたものだが,猪八戒よりも威力が強かった。さすがに三蔵法師の1番弟子を名乗るだけのことはある・・・。


カイトは,腹を押さえながら立ち上がった。


カイト:く・・・やってくれたわね・・・!!


孫悟空:さあカイト。まだまだ勝負は始まったばかりだぜ・・・?


次回,「マネマネの実」の能力が炸裂!!第60話に続く!!


がんばれ,トラエモン!

第58話  太陽龍,召喚!!


~前回のあらすじ~

クイズを解き,次の部屋に進んだ,トラエモン・カイト・ミッフィーの3人。そこには,三蔵法師の1番弟子,孫悟空が待ち構えていた。そして,カイトが孫悟空と戦うことになった・・・!!





トラエモン:おい,ホントに大丈夫かカイト!?つーかその前に,お前戦えるのか!?


カイト:大丈夫。これでも,ブリブリ左右衛門とオーシャン仮面より強いつもりよ。


トラエモン:え!?マジかよ!?あの2人より強いのか!?


カイトは一歩前に進んだ。


孫悟空:クックック。カイトよ。俺はこの瞬間が来るのを夢にまで見たぜ・・・!!


カイト:いいから早く始めましょう。


孫悟空:まあ待て。このまま普通に戦ってもつまらないからな・・・!!


孫悟空はポケットから,不気味に光る石を取り出した。


ミッフィー:あ,あれって「悪魔の結界」を発動させる石!?


孫悟空:行くぜ!!「悪魔の結界」,発動!!



すると,その石から禍々しい光が放たれた。


トラエモン:いきなり発動しやがった・・・!!


孫悟空:ハッハッハッハッハ!!力がみなぎるぜええええええ!!


カイトと孫悟空の周りに,結界が張られた。


トラエモン:(今までの敵は追い詰められてから発動したのに,コイツは違う・・・!!)


孫悟空:猪八戒と沙悟浄は,心のどこかで「悪魔の結界」の力を恐れていた。だが俺は違う。俺は「闇」が大好きでねえ・・・!!


カイト:フ,あなたならそうくると思っていたわ。なら・・・。


するとカイトの頭上から,白い塊のようなものが現れた。


カイト:私も最初から本気で行かせてもらうわ!!


その白い塊は,形,大きさ,ともにどんどん変化していった。


ミッフィー:え!?なにあれ!?


カイト:私は「ドラゴンの実」の能力者。自らの魂を具現化させ,龍に変える力・・・!!


トラエモン:龍だと・・・!?


ついに,その白い塊が龍の形となった。


カイト:太陽龍-ビックバン・ドラゴン召喚!!


太陽龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


その太陽龍は,全身が炎に包まれ,その名の通り太陽のようだった。


ミッフィー:す,すごーい!!カイトちゃんは龍を呼び出すことができるのか!!


しかし,これを見て孫悟空は恐れるどころが,逆に喜んでいるようだった。


孫悟空:太陽龍か・・・懐かしいじゃねえか・・・!!


カイト:瞬殺させてもらうわ。ビックバン・ドラゴンの攻撃!!


すると太陽龍の手に,巨大な炎が生成された。


カイト:灼熱のクリムゾン・ヘルフレア!!


太陽龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!


太陽龍の体から,何発もの炎が発射された。


ドガアアアアアアアアアアアアアアアン!!


悪魔の結界の内部が,太陽龍の炎で包まれた。


トラエモン:な,なんだよこのパワーは!!化け物かよ!?


ミッフィー:あの人絶対死んだでしょ・・・。


孫悟空:クックックックックック・・・ハッハッハッハッハッハ!!


カイト:!?


孫悟空はこの炎の中で,平然と立っていた。


トラエモン:な,なにいいいいい!?なんであの攻撃を受けて生きてるんだよ!?


孫悟空:甘いなカイト。この程度の炎じゃ俺を殺すことはできねえよ!!


孫悟空,無敵!?そして孫悟空の悪魔の実の能力が明かされる!?第59話に続く!!


前のページ 次のページ