FC2ブログ

がんばれ,トラエモン!

ドラえもんとはちょっと違った面白いマンガです。是非見て下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、トラエモン!

第65話  孫悟空・カイトの過去


~前回のあらすじ~

カイトの前に、2人のムネチ仮面が立ちはだかる!!しかもどちらが本物で、どちらが偽物(孫悟空)かも分からない。カイトに策はあるのか!?





カイト:(分からない。一体どうすれば、本物と偽物を見分けられるの・・・!?)


ムネチ仮面A:考えてる暇なんかないぜ、カイト!!


カイト:!!

ムネチ仮面AB:108マシンガン!!


再び2人のムネチ仮面の攻撃が、天空龍に直撃した。


天空龍:ピュオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・!!


カイト:ガハッ・・・!!


ムネチ仮面B:どうしたカイト!!なぜ反撃してこない!!


ミッフィー:で、できるわけないじゃん!!どちらか片方は本物のムネチ仮面なのに!!


トラエモン:くそ、卑怯すぎるぜ・・・!!


ムネチ仮面AB:けっ、面白くねえ。この攻撃で終わりだ!!


すると、2人のムネチ仮面の頭が輝きだした。


トラエモン:(あの技は・・・!!)


ムネチ仮面AB:太陽光線(ソーラービーム)!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアン!!


天空龍の体に、2つの太陽光線が直撃した。


天空龍:ピュオオオオ・・・・・・・・・・・・・・。


天空龍は倒れ、体が消滅した。


天空龍、戦闘不能。


ムネチ仮面AB:ハッハッハッハ!!天空龍を撃破したぞ!!


ミッフィー:て、天空龍まで倒されちゃった・・・!!


ムネチ仮面A:これでお前の3体のうち2体の龍が消滅した。さあ!!残る1匹を出しな!!


カイト:・・・・・・・・・!!


ムネチ仮面B:それとも、もう出せる体力も残っちゃいねえのか?


トラエモン:立てよカイト!!このまま死んでもいいのか!!


ムネチ仮面A:俺には理解できねえ。なんで仲間の為に攻撃を躊躇するのかねえ・・・。


カイト:これ以上・・・仲間を失うわけにはいかないのよ・・・!!


ムネチ仮面B:ハッ、仲間だと?そんなもの、俺達2人はとうの昔に失ったんじゃねえのか!?


トラエモン:(昔・・・この2人の過去に一体何が・・・?)



ーおよそ3年前ー


カイトは、クラスメート40人と一緒に、韓国行きの船に乗っていた。


香奈恵:あー、今から韓国に修学旅行!!楽しみ!!


可愛:私、韓国なんて初めてよ!!カイトは?


カイト:ええ。私も初めてよ。


カイトは、友達の香奈恵・可愛と共に、これから始まる修学旅行を楽しみにしていた。


悪夢が待ち受けているとも知らず・・・。



ー1時間後ー


だんだんと、空模様が怪しくなり、ついに大量の雨が降り始めた。


香奈恵:ね、ねえ、すごい量の雨なんだけど、大丈夫なのかしら?


可愛:そうね。なんだか波も強くなってきたし・・・。


その時、カイト達の先生が叫んだ。


先生:た、大変だ!!巨大な波が来るぞ!!みんな中に避難しろ!!


その言葉に、クラスメート40人が全員驚き、船の中に避難した。


香奈恵:
巨大な波が来るって本当なのかしら・・・!?


可愛:私たち、死んだりしないよね・・・?


カイト:だ、大丈夫だよみんな!!だから元気出して!!


カイトは皆を元気づけようとしたが、窓の外を見た瞬間、その声は震えに変わった。


カイト:な、なによあれ・・・?


窓の外には、テレビでも見たことのないような、巨大な波が押し寄せていた。


カイト:(そんな、本当に死んじゃう・・・!!)


ザッパアアアアアアアアアアアアン!!


巨大な波が、船を覆った。クラスメートの叫び声がする中、カイトは海の中に落ちた。


カイト:(い・・・嫌だ・・・死にたくない・・・!!)


カイトは海の中で、意識を失った・・・。                第66話に続く!!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aameiru.blog73.fc2.com/tb.php/90-fdd3a527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。