FC2ブログ

がんばれ,トラエモン!

ドラえもんとはちょっと違った面白いマンガです。是非見て下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ,トラエモン!

第16話  ドコでもドアの秘密


~前回のあらすじ~

4話にわたる回想シーンが全て終わり、ヴァンパイアが増えた原因が明らかとなった。





オーシャン仮面の話を全て聞き終わったトラエモンは、残念そうに溜め息をついた。


トラエモン:お前らアホだろ。


オーシャン仮面:な、なんですとー!?


ブリブリ左右衛門:俺達のどこがアホなんだ!!言ってみろ!!


トラエモン:カンタムロボが三蔵法師の部下にやられ、連れて行かれた。これは仕方が無かったとしよう。問題は、
カイトとかいう奴だ。


オーシャン仮面:カイトがどうかしたのか?


トラエモン:お前ら簡単に仲間を誘拐されんなよ!!お前らがしっかりしてなかったから誘拐されたんだろーが!!


ブリブリ左右衛門:いや、誰だってあのタイミングで仲間が誘拐されるなんて思わないだろ!!


トラエモン:じゃあ誘拐犯を追いかけろよ!!なに簡単に諦めてんだよ!!


オーシャン仮面:いや、あの誘拐犯のスピードは半端じゃなかった。


ブリブリ左右衛門:ああ。とても人間とは思えないスピードだったぜ。


トラエモン:もういいよお前ら・・・。


オーシャン仮面:そして君の家に来た理由はだな・・・。


トラエモン:カイトを探してくれ、か?


ブリブリ左右衛門:おお!!さすが話が早い。


トラエモン:じゃあ俺の家に来るんじゃなくて、警察に言えばいいじゃねーか!!


オーシャン仮面:言おうとしたんだが、すでに警察官はヴァンパイアになっていた。


トラエモン:あ、そう・・・。


ブリブリ左右衛門:な?だから頼むよ!!カイトを探してくれよ!!


トラエモン:なんで俺がそんな見ず知らずの人間を探さなくちゃいけないんだよ!?


オーシャン仮面:君が22世紀から来たロボットであることは,カンタムロボから聞いた。人を探すなんて君にとっては簡単なことだろ?


トラエモン:でもなー・・・。


ブリブリ左右衛門:それでは,このWiiは返してもらおう。


トラエモン:分かった分かった!!探す!!探すから!!


トラエモンは,四次元ポケットから「ドコでもドア」を取り出した。


オーシャン仮面:なんだい,このドアは?


トラエモン:これは「ドコでもドア」だ。行きたい所にどこへでも行ける。


ブリブリ左右衛門:は?いや有り得ないだろ。なんだよドコへでも行けるって。


オーシャン仮面:どうやら薬のやりすぎらしいな。トラエモンに幸運を。


トラエモン:お前ら殺されてーのか!!空気砲発射するぞ!!


ブリブリ左右衛門:冗談冗談。


オーシャン仮面:でもなんでドアの色がピンクなんだ?趣味悪くない?


トラエモン:だ,黙れ!!買った時からピンク色だったんだよ!!


ブリブリ左右衛門:でも,ドコでもドアの色がピンク色しか無かったってことはないだろ?


オーシャン仮面:あえてピンク色を選らんだってことか・・・キモッ。


トラエモン:く・・・空気砲発射ぁ!!


ドガアアアアアアアアアアアアアアン!!


トラエモンはオーシャン仮面に向かって空気砲を発射した。


トラエモン:ハッハッハ。俺を馬鹿にしたらこうなる・・・ん!?


オーシャン仮面は平然と立っていた。


トラエモン:(ば・・・馬鹿な!!空気砲は直撃したはず!!それなのに無傷だと!?)


オーシャン仮面:悪いな。私はこれでも柔道5段だ。


トラエモン:
く・・・!!


オーシャン仮面:そんな物じゃ私達はビクともしな・・・ボハッ!?


トラエモン:(あ やっぱ効いてたーーー!!)


ブリブリ左右衛門:ど,どうやらまだ熱は完治してなかったようだな,オーシャン仮面。


オーシャン仮面:え!?あーそうそう。朝から熱が8度5分あるんだよな・・・。


トラエモン:
そうですか・・・。


次回,カイトを見つけることができるのか!?第17話に続く!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aameiru.blog73.fc2.com/tb.php/36-026b2bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。